TL;DR 🎄

これはアドベントカレンダーの11日目の記事です。 今日は雑ですが、プログラミング用フォント Ricty のインストールのメモです。

Ricty

Ricty (リクティ) は Linux 環境での研究・開発を想定したプログラミング用フォントです。 テキストエディタやターミナルエミュレータ、プログラミング言語やマークアップ言語に対する使用に適しています。 - プログラミング用フォント Ricty

ということで、これを VS Code や Terminal のフォントとして設定すると見やすくなりそうです。

Installation

インストールは Homebrew で行えます。 インストール後に以下の通りの caveats が出ますので、その通りにします。

==> Caveats
***************************************************
Generated files:
  /usr/local/opt/ricty/share/fonts/RictyDiscord-Regular.ttf
      /usr/local/opt/ricty/share/fonts/Ricty-Bold.ttf
      /usr/local/opt/ricty/share/fonts/Ricty-Regular.ttf
      /usr/local/opt/ricty/share/fonts/RictyDiscord-Bold.ttf
***************************************************
To install Ricty:
  $ cp -f /usr/local/opt/ricty/share/fonts/Ricty*.ttf ~/Library/Fonts/
  $ fc-cache -vf
***************************************************

というわけで、全てのスクリプトは以下の通りです。

$ brew tap sanemat/font
$ brew install ricty
$ cp -f /usr/local/opt/ricty/share/fonts/Ricty*.ttf ~/Library/Fonts/
$ fc-cache -vf

VS Code に設定したらこんな感じになりました!

References