TL;DR 🎄

これはアドベントカレンダーの10日目の記事です。 今日は昨日の続きで、Hugo で作成したテストサイトの設定をいじっていきます。

Site configuration (config.toml)

Hugo のウェブサイトの設定は config.toml というファイルで行います。 ちなみに TOML (Tom’s Obvious, Minimal Language) は JSON や YAML と同様の設定ファイル記述言語です。 今回は最低限の設定として、以下のような設定を書きました。 その他の設定可能な項目は、Configure Hugo にまとまっています。

# このウェブサイトのタイトル
title = "Astropenguin"

# サイトの URL のルート
baseURL = "https://astropengu.in/"

# ウェブサイトのテーマ
theme = "minimo"

# 日本語の文字カウント等を有効化
hasCJKLanguage = true

# 絵文字の有効化
enableEmoji = true

# タグでのアクセント記号や大文字小文字の保持
preserveTaxonomyNames = false

# シンタックスハイライト有効化とスタイル
pygmentsCodefences = true
pygmentsStyle = "manni"

# タグのアドレス
[taxonomies]
tag = "tags"

# 記事の URL 設定
[permalinks]
page = "/:slug/"
blog = "/:section/:filename/"

# 外部リンクを新規タブで開く
[blackfriday]
hrefTargetBlank = true

この他に、テーマ固有の設定も書く必要がありますが、こちらはテーマによって異なるのでここではまとめません。 Minimo の場合は、作者のデモページ を見てカスタマイズするのが良いと思います。 また、私のフルの config.toml をこちらで確認することもできます。

References