TL;DR 🎄

これはアドベントカレンダーの5日目の記事です。 今日は天文データセンター (ADC) の多波長データ解析システム (MDAS)Linuxbrew をインストールする際の手順をまとめました。

Linuxbrew on ADC/MDAS

Linuxbrew は macOS で使われているパッケージ管理システム Homebrew の Linux 版です。 ADC/MDAS では一般ユーザは root 権限を持たないので、何かパッケージをインストールするときに root 権限を必要としない Linuxbrew を使えるととても便利です。

Installation

インストールは Install Linuxbrew に従っておけば OK です。 ADC/MDAS にログインした状態で以下を実行します。 これで Linuxbrew の諸々が ~/.linuxbrew に置かれます。

$ sh -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Linuxbrew/install/master/install.sh)"

メモとしてですが、 git と curl を (すでにあるのに) インストールするようで、これらの依存関係をかなりの時間をかけて解決していました。 どうやら、システムの git と curl が最新版よりかなり古い場合、これらも brew でインストールすることになっているようです。 無事インストールが終わったら、Install Linuxbrew にあるように、テストとパスの設定を行います。 ADC/MDAS は OS が RedHat なので、以下の通りで OK です。

$ test -d ~/.linuxbrew && eval $(~/.linuxbrew/bin/brew shellenv)
$ test -d /home/linuxbrew/.linuxbrew && eval $(/home/linuxbrew/.linuxbrew/bin/brew shellenv)
$ test -r ~/.bash_profile && echo "eval \$($(brew --prefix)/bin/brew shellenv)" >> ~/.bash_profile

これでインストール作業完了です! いったんログアウト→ログインして、コマンド brew doctor が動くか確認してください。

$ brew doctor

Warning は多数出ますが、error が出てなければ問題ないでしょう。 実際にパッケージをインストールする様子は明日以降にまとめたいと思います。

References