TL;DR 🎄

これはアドベントカレンダーの4日目の記事です。 今日は Python で複数行のコードの実行時間を計測する際の書き方をまとめました。

Context stopwatch

複数行のコードの時間計測では、よく以下のようなコードを見かけます。

import time

start = time.time()
... # some code
... # some code
... # some code
end = time.time()

print(f'elapsed time = {end-start:.2f} sec')

これでももちろん問題ないのですが、コードの計測のたびに startstop をコードの前後に書き加えるのは面倒です。 このような複数行の、すなわちある種の文脈 (context) を扱うのには、Python の標準ライブラリの一つ contextlib を使うのが便利です。 この中の contextmanager を使うと、以下のような stopwatch を作成することができます。

import time
from contextlib import contextmanager

@contextmanager
def stopwatch():
    start = time.time()
    yield
    end = time.time()
    print(f'elapsed time = {end-start:.2f} sec')

つまり、with 文の中に入っているコードの実行前に yield の前に書かれた内容が、コードの実行後に yield の後に書かれた内容が自動的に実行されることになります。 これを使うと、上のコードは以下のように書くことができます。

with stopwatch():
    ... # some code
    ... # some code
    ... # some code

In IPython or Jupyter notebook

IPython や Jupyter notebook 上では、cell magic と呼ばれる書き方によって、以下のようにセル単位で時間計測もできます。 Pure Python では使えませんが、普段使いにはこちらの方が楽かもしれません。

%%time
... # some code
... # some code
... # some code

References